このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

資材調達情報

JR西日本から各企業さまに向けて、お伝えする情報です。
はじめに

当社は、1987年4月の国鉄の分割民営化に伴い、本州の西半分と九州北部の2府16県を営業エリアとして発足し、鉄道事業を中心とする運輸業のほか、流通業、不動産業などを営んでいます。

当社は、2005年4月25日に発生させた福知山線列車事故を重く受け止め、福知山線列車事故後に全社員で作り上げた「企業理念」と「安全憲章」のもと、全社員が心を一つにして、安全を最優先する企業風土を構築するための努力を積み重ねています。

2013年4月に、「中期経営計画2017」と「安全考動計画2017」をスタートさせました。この中期経営計画では、「被害に遭われた方々に誠心誠意と受け止めていただけるような取り組み」「安全性向上に向けた取り組み」「変革の推進」を「経営の3本柱」として、引き続き経営の最重要課題と位置づけたうえで、新たに「めざす未来〜ありたい姿〜」を掲げ、その実現に向けた重点戦略を実行します。

上記の経営方針を具体化するなか、人口減少や対抗輸送機関との競争激化など経営環境を見通すことが一段と困難な時代を迎えていることを踏まえ、当社は、安全・安定輸送を第一とする経営ニーズを充足するため、市況の変動や需要、在庫状況など諸条件を十分考慮し、「良質な資材」を「適切な時期」に「適正な価格」で「最良な取引先様」から、購入することを基本原則としています。

このため、調達にあたっては、内外無差別な取り扱いを行い、当社の株主価値、企業価値および収益見通しといった経済合理性に基づいて、品質の良い資材を積極的に求めます。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

企業・IR・採用

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ