このページの本文へ移動

技術開発の取り組み

省エネ バッテリー電車

気動車の更なる省エネ化を目指し、蓄電池に蓄えられたエネルギーのみで走行することで内燃機関を搭載しないバッテリー電車の開発を進めています。
バッテリー電車は高い省エネ効果はもとより、排出ガスの削減を実現します。

  1. 高い省エネルギー効果
    ブレーキ時はモータで発電したエネルギーを蓄電池に回収し、加速や車内空調等に再利用します。
  2. 排出ガスの削減
    内燃機関を使用しないため、気動車とは異なり走行時に排気ガスを排出しません。

今後、蓄電池システムの実機を製作し、実車両へ搭載した状態で性能試験を実施する計画をしています。

<平成23年度走行試験の様子>

一覧へ戻る

ここからがフッターです。

このページの先頭へ