このページの本文へ移動

現場における研究開発

安全性向上 ホーム上の安全性向上

昇降式ホーム柵

ホーム上でのお客様の安全性向上を目的として、ホーム柵の設置を進めています。従来の可動柵式では扉位置が異なる列車には対応できないため、一定間隔に配置した支柱間にロープの柵を設け、上下に昇降させる昇降式ホーム柵の開発を行いました。JR神戸線六甲道駅、JR京都線高槻駅に設置しています。

  • <ロープ上昇時>
  • <ロープ下降時>

画像解析技術を用いた異常検知システム

駅構内の防犯カメラの画像から大きく蛇行して歩いているお客様やベンチで長時間座り込んでいるお客様などを画像解析装置で自動検知します。警報を受けた係員が画像を確認後、危険性があれば駅に連絡してお客様への対応を行います。京橋駅、新今宮駅で運用を開始しています。

<遠隔セキュリティカメラの概要>

一覧へ戻る

ここからがフッターです。

このページの先頭へ