このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

バリアフリー等の取り組み

考え方

東京オリンピックに向けた「ユニバーサルデザイン2020」の中間とりまとめなども反映しながら、様々なお客様にご満足いただけるように取り組みを進めています。
また、「バリアフリー新法」や「障害者差別解消法」などの法令の趣旨も踏まえ、安心して鉄道をご利用いただけるよう努めてまいります。

お客様に寄り添う心と技術の育成

まずは、社員が適切な介助や応対および積極的なお声がけに取り組むとともに、お客様にもご協力をいただきながら、すべてのお客様に安心してご利用いただけるよう、取り組みを進めています。

バリアフリーマニュアルでの教育

バリアフリーマニュアル

お客様の介助に必要な知識・技術を習得し、手配・介助・応対を確実に行えるよう、法令の主旨も踏まえたマニュアルを整備し、社員の教育を進めています。

サービス介助士の資格取得

サービス介助士

お客様の立場に立ったご案内ができるよう「サービス介助士」の資格取得を進めています。

「共助」の取り組みの推進

「共助」の取り組みの推進

お客様同士のお声かけや譲り合いにより、お互いに見守り助け合う「共助」の呼びかけを駅・車内の放送やポスターなどで実施しています。この取り組みは、関西の鉄道会社などとも連携しながら継続的に推進していきます。

「車いす」「ベビーカー」用スペースのご案内

車いすマーク/ベビーカーマーク

ご利用の多い京阪神エリアの車両を対象に、国土交通省「公共交通機関等におけるベビーカー利用に関する協議会」の指針に則って、車いす用スペース付近に、「車いすマーク」に加え「ベビーカーマーク」を掲示しています。

優先座席へのマタニティマークのご案内の掲出

車いすマーク/ベビーカーマーク

妊娠されているお客様にも鉄道をご利用いただきやすいよう、車内の優先座席付近に「マタニティマーク」のご案内のステッカーを掲出しています。

お身体が不自由なお客様へのお願い

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

企業・IR・採用

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ